飲食店を始めたいと思ったら

アナタは持っていますか?資格の話

必要な資格

実は、飲食店開業にあたり調理師免許はなくても大丈夫です。
絶対に必要な資格は、食品衛生責任者です。
飲食店を営業する場合は、各店舗に一人は持っていなければなりません。
この資格は各都道府県の講習会で取得できます。
受講費は1万円程度で、講習期間は1日です。
でも、調理師免許や栄養士の資格を持っていれば、講習は不要で自動的に付与されますよ。
30人以上を収容するお店であれば、防火管理者も必要です。
これは、各都道府県の消防署などで講習を受ければ取得できます。
防火管理者の資格には2種類あります。
どちらの防火管理者資格を取得すべきかは、お店の面積によって変わります。
受講費は3000円から5000円程度で、講習期間は1日のものと2日のものがあります。

届出もしっかりと

まず、保健所は必須です。
食品営業許可申請を、お店が完成する10日程前までに済ませてください。
収容人数が30人以上であれば、開業までに消防署に防火管理者選任届を出しましょう。
関連して防火対象設備使用開始届というものもありますが、これは内装業者が届けることが多く、届出が必要かどうかも消防署に問い合わせてください。
設備設置前までに、火を使用する設備等の設置届も出さなければいけません。
他にも、居酒屋など、深夜12時以降もお酒を提供する場合は開業の10日前までに警察署へ届出しなければならなかったり、アナタがどんなお店を始めるのかによって、求められる手続きは変わってきます。
また、飲食店に限らず、個人で開業する場合は税務署に個人事業の開廃業等届出を出してくださいね。
従業員を雇う場合は、労働基準監督署で労災保険の加入手続きなども求められます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ